HOME > 病院のご案内 > 挨拶
挨拶
支え合える地域包括医療・ケアをめざして

院長 島崎 信
 平成28年41日付で国民健康保険 関ヶ原病院院長を拝命し着任いたしました、島崎 信(しまざき まこと)と申します。着任にあたり、広報の場をお借りしてご挨拶申し上げます。
 先ず自己紹介を兼ねて職歴から。関ヶ原病院には、医師として駆け出しの昭和6012月から1年間お世話になっておりました。今回、30年以上経過して再就職させて頂くこととなりました。
前回お世話になった後は、岐阜大学の大学院で博士号を取得いたしました。その後は岐阜赤十字病院消化器内科、朝日大学村上記念病院消化器内科、県立岐阜病院(現在の岐阜県総合医療センター)内視鏡部、平野総合病院消化器内科に勤務し、主として消化器内科医としてのキャリアを積んでまいりました。そのほかに災害医療、救命救急センター、集団検診にも携わってきました。これからはひとりの臨床医として、以前お世話になったことへのお礼奉公のつもりで診療に当たらせて頂きたいと考えています。
 次に病院長として、地方の医師不足は予想以上に深刻です。当院でも、前回の在職時と比較すると常勤の医師数は半分以下となり、病床数も減っています。町内の人口も減少傾向にあります。周辺の状況とも照らし合わせて、これからの病院の在り方について、町の意向もなどもうかがいつつ、町内外の医療機関や当院の職員と十分な連携を取り、方向性を探して行かなければならないと考えています。もとより住民の皆様方と病院のあるべき姿を模索してゆきたいとと考えています。どうぞよろしくお願い申し上げます。