HOME > 外来のご案内 > 診療科のご案内 > リハビリテーション科
診療科のご案内 リハビリテーション科
リハビリテーション科の特徴
リハビリテーション科の写真
 当院のリハビリテーション科は、とても広く明るい空間で理学・作業・言語の各種療法を行っています。
 入院直後の病室でのリハビリテーションから退院後の外来や訪問リハビリテーションまで、途切れることなく一貫した支援を実施しております。

リハビリテーション科スタッフ構成
理学療法士 3名
作業療法士 1名

診療時間
 
8:30〜12:30
13:30〜17:15
※日曜、月、祝日は休診日です。
※外来は予約制です。

部門紹介
理学療法(PT)
 身体に障害を持つ方や、病気やけがによる障害の予防を必要とする方に対して、運動や動作練習により起き上がりや立ち上がりなどの基本動作から、歩行などの移動手段の獲得を目的として行う療法です。

地域でその人らしい生活が送れますよう、入院から退院まではもちろんのこと、必要な方には退院後も継続したリハビリテーションを提供できる体制をとっています。また、日常生活に支障のない方へも、転倒予防や介護予防の目的で、健康講座・出前講座などの取り組みも行っています。

【運動器リハビリテーション】
 入院では、骨折や腱・靭帯損傷の術後や重度の痛み、手術適応のある脊椎や関節の疾患。外来では、腰痛や頚部痛、肩・膝などの痛みを持った方を対象に治療を行っています。
運動の様子 ダンベルセット  自転車エルゴメーター
    〈運動の様子〉       〈ダンベルセット〉     〈自転車エルゴメーター〉

【脳血管リハビリテーション】
 脳卒中や脊髄損傷、パーキンソン病などを主な対象疾患として行っています。
 また、高齢な方は内科疾患などによって長期に安静臥床を続けると、廃用症候群(足腰の力が弱くなる、関節が硬くなるなど)になり、起き上がったり、立ったりすることが出来なくなります。そのような、廃用症候群に対する理学療法も積極的に行っています。
平行棒での練習の様子 歩行練習の様子 バランスボール
 〈平行棒での練習の様子〉   〈歩行練習の様子〉     〈バランスボール〉

【呼吸器リハビリテーション】
肺気腫や慢性気管支炎などの呼吸器疾患によって、息切れや痰が多く出る方に対して、より楽になる呼吸方法や効率的な痰の出し方のアドバイスや介助、またその方にあった運動や生活面へのアドバイスも行います。その他、手術をされる方に対しても呼吸練習や運動を行い、出来る限り早く退院できるように取り組んでいます。
     呼吸練習の様子      器具を使った呼吸練習の様子
         〈呼吸練習の様子〉       〈器具を使った呼吸練習の様子〉

【病棟レクレーション】
 入院生活において、人との関わりや自発的に行う楽しい活動、ストレス発散などの社会的必要時間は不足しがちになってしまいますが、リハビリテーション科では入院生活における社会的必要時間を確保するため、病棟スタッフと協力し病棟でレクレーションを開催しています。
   風船バレー   玉入れ
         〈風船バレー〉                〈玉入れ〉

【訪問リハビリテーション等】
 入院されている方が退院するにあたって、ご自宅での生活が可能かどうか実際にご自宅まで伺う「退院前訪問」を行っています。ご本人やご家族、さらにはケアマネージャーや介護事業所の方などと一緒に伺い検討していきます。その中で、家屋改修などの環境整備のアドバイスや福祉用具の紹介、ご本人・ご家族への動作介助のアドバイスなどを行っています。
 また、自宅で療養を行っているが、『通院してリハビリを受けることが困難な方』や『自宅内にて生活が十分に行えない方』に対して、理学療法士が自宅に訪問し、それぞれの状況に応じた訓練や精神的サポートなどのリハビリテーションを行っています。それにより住み慣れた環境の中でより良い生活を送ってもらい、自分らしい生活の実現ためのサポートを行っています。訪問リハビリは主治医が必要と認めた後、ケアプランの一環として提供されるサービスです。
      車椅子の移乗練習の様子     トイレへの移動練習の様子
      〈車椅子の移乗練習の様子〉    〈トイレへの移動練習の様子〉

【各種教室・講座】
〈糖尿病運動療法〉
 糖尿病をもつ患者様に対して運動療法の指導やアドバイスを行っています。糖尿病教室では公開講座として運動の方法や注意点、必要性などを紹介しています。入院された患者様に対しては、個々にあった運動方法や運動強度をリーフレットを用いて指導し、実際に運動療法を行っています。
 平成23年度の糖尿病教室(運動療法)は9月16日に行う予定です。
〈健康講座・出前講座〉
 院外では、各地域において動作介助教室、転倒予防教室、ストレッチ体操、肩こり・腰痛予防などさまざまな各種教室や講座を開催しています。
糖尿病教室の様子 転倒予防教室の様子 地域出前講座の様子
 〈糖尿病教室の様子〉   〈転倒予防教室の様子〉  〈地域出前講座の様子〉
 これからも今まで以上に地域の皆様との交流を図りたいと考えておりますので、各種教室や講座などのご要望があればご相談下さい。

作業療法(OT)
@『作業』療法とは
 私たちは、『作業』をしながら日々の暮らしを営んでいます。お気に入りの服を着て、美味しく食事をとり、学校や職場に出かけ、休日には趣味やスポーツを楽しんでいます。こうした、何気ない『作業』に埋められた毎日は一人一人の価値や文化に基づいていて、私たちの自尊心やアイデンティティーを保証しています。作業療法とは、作業療法士がクライエントやご家族と価値や意味のある活動を協業することで、健康的で自分らしい生活を構築することを促します。
 作業療法は、「身体」と「精神」の両側面を同時に扱い、対象は障害の有無に関わらず、「こども」から「大人」、「個別」から「集団」までを対象としています。
  <FONT size="-1">こどもたちのために桜の木の皮を剥ぎ作品を造る元保育園の園長先生</FONT>    完成後の作品を展示
(こどもたちのために桜の木の皮を剥ぎ作品を造る元保育園の園長先生)   (完成後の作品を展示)

A発達支援
【院内事業】
 リハビリテーション科では、作業療法士・理学療法士・言語聴覚士が地域医療という立場で、発達支援(小児リハビリテーション)を行っています。対象地域は西濃圏域に限り、連携機関からの紹介のみを対象としています。 運動発達の促進、・日常生活動作の習得、・遊びの支援、個々人に合った環境調整や療育方針のアドバイス、コミュニケーションや集団適応支援等を通して、自己有能感を育み、自己実現を目指します。
 連携先医療機関から紹介された方のみを対象としています。直接の受け入れは行っておりませんので、当科へのお問い合わせ等はお控えください。
   感覚統合療法    遊びを通した発達促進
        (感覚統合療法)          (遊びを通した発達促進)
   芸術活動  偏平足の治療
        (芸術活動)             (偏平足の治療)
 言語療法  理学療法
     (言語療法)                 (理学療法)

【院外事業】
療育巡回訪問(すくすく訪問)事業
 毎週一回、関ケ原町内の保育園・幼稚園・小学校・中学校を訪問し、先生からの相談を受け、先生と一緒に集団プログラム等を実施しています。「多様な感覚体験」や「一人一人の特性を理解した支援」を提案し、地域のこどもたちが心豊かに成長していくことを目指しています。
 保育園での集団プログラム  サーキット
   (保育園での集団プログラム)           (サーキット)
療育相談(すくすく相談)事業
 毎月一回、健康増進センターにて、保護者から直接、「言葉の発達」、「運動の発達」、「関わり方」、「問題行動への対応」等の相談を受けています。
  関ヶ原町健康増進センターやすらぎ  すくすく相談
 (関ヶ原町健康増進センターやすらぎ)       (すくすく相談)

その他
子育て教室や療育スタッフ向けの講座等を開催しています。

言語聴覚療法(ST)(休診)
人間らしさとは何だと思いますか?
 人間は唯一、言語を用いる生き物です。また、食事を楽しむ生き物とも言えるでしょう。
 私たち言語聴覚士(ST)は、「ことば」や「コミュニケーション」、嚥下「飲み込み」に障がいがある患者さん一人一人の生活の質の向上を目標にリハビリテーションを提供いたします。
 例えば頭部外傷や脳血管障害で起こる失語症(話す、聞く、読む、書くなどの機能低下)や構音障害(ろれつが回らない)などコミュニケーションに問題がある人、飲み込む時に、むせたり、苦しくなるなどの症状で苦しまれる患者さんの機能改善を目指します。

お問い合わせ
国保関ケ原診療所 リハビリテーション科
〒503-1514 岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原2490-29
TEL:0584-43-1122(代)(内線2202)
FAX:0584-43-2236