HOME > 外来のご案内 > 診療科のご案内 > 臨床検査科
診療科のご案内 臨床検査科
検査室のご紹介
当院検査室では、診療における全般的な検査業務を2名の臨床検査技師で担当しています。病気の診断・治療・予防に欠かせない大切なデータを正確かつ迅速に、医師へ提供できるよう努力しています。平成29年4月からの診療所化に伴い技師2名体制となりましたので患者様にはご不便をおかけしますがご理解下さい。 検査室の写真

業務内容
臨床検査は、大きく分けてふたつの部門に分けられます。
【検体検査】
患者さまから採取された検査物(血液・尿・便・喀痰等)の検査データを臨床側に提供し、病気の診断と治療に役立てています。
【生体検査】
患者さまに直接接して、身体情報を波形や画像にし、病気の診断と治療に役立てています。

主要検査
採血業務
検査室では、検査に必要な血液を臨床検査技師が中心となって採血をしています。診察前検査の患者さまにも対応し、血糖検査においては、即時に患者さまに結果をお知らせすることが出来ます。患者さまが安心して採血をうけられるよう心がけております。

検体検査
【一般検査】
尿・便を調べます。尿の成分を測定することにより、腎・尿路系疾患、肝疾患や糖尿病を知ることができます。便からは消化管から出血しているかどうか、または寄生虫に感染しているかわかります。
【血液検査】
赤血球、白血球、血少板の数から貧血、感染症、血液疾患(白血病など)等、重要な病気が見つかることがあります。顕微鏡で形を見ても判断します。
【生化学検査】
各臓器には、いろいろな酵素・ホルモン・代謝産物が存在します。血中濃度で心臓、肝臓、腎臓、内分泌など弱っているところがわかります。腫瘍マーカーも調べることができます。

生理機能検査
【心電図】
心筋が興奮した際に生ずる活動電位を体表面から記録したものです。心筋梗塞、狭心症、不整脈、動悸など心臓の病気の有無と程度を知るのに有効です。
【呼吸機能】
吸う息・吐く息の量や速さを計り、肺の機能を調べる検査です。気管支喘息、肺気腫、肺線維症など呼吸器系の疾患の診断に用いられます。
【脳波】
脳の活動電位を頭皮上から記録します。脳血管障害や神経系の病気があるかどうか調べます。
【超音波(エコー)】
高い周波数の音波を使って非侵襲的に各臓器を画面上に見ることができます。心臓エコーは、虚血性心疾患、弁膜症、心筋症等の診断に有用です。腹部エコーは、臓器の形態や、腫瘤などを描出できます。
【神経伝達速度検査】
末梢神経を皮膚上から電気刺激し、その伝達速度を測ります。

◆その他にも、詳しく調べる検査がいくつかあります。

スタッフ構成(2013.3現在)
臨床検査技師 2名

お願い
外来患者さまで、採血結果がでるまで1時間前後お待ちいただくことがあります。これは血液が固まるまでの時間、自動分析装置による分析時間、異常値の再検などの時間です。正確なデータをお届けするため、ご理解ご協力をお願いいたします。