HOME > 外来のご案内 > 診療科のご案内 > 外科
診療科のご案内 外科
外科の紹介
外科は非常に多くの種類の病気を診断し、治療する科です。きずの治療をするのが外科の主な仕事と思われがちですが違います。外科の主な担当領域は以下のとおりです。

腹部外科
お腹の病気[食道から胃、小腸、大腸、直腸、肛門までの消化管の病気(がん、虫垂炎、痔など)や実質臓器(肝臓、胆のう、すい臓、脾臓、腎臓、副腎、卵巣など)]を主に手術で治療します。がんについては薬での治療も担当しています。また手術後のいろいろな障害の治療も担当しています。

乳腺外科
乳腺の炎症やがんなどの病気の診断と治療をします。

胸部外科
肺の病気を手術で治療します。心臓病の手術治療は行っていません。

末梢血管外科
手や足などの末梢血管の異常による病気の診断と治療をします。

脳神経外科
脳の血管の病気である脳出血、脳動脈瘤や脳腫瘍などを診断治療します。
高度な手術治療は村上記念病院脳神経外科教授の安藤先生に来ていただき行います。

一般外科
皮膚のきず、できもの、虫さされ、爪の病気などの診断と治療を行います。なお、皮膚の特異な病気は皮膚科専門医に診察して頂きます。

外科の特徴
手術の方法で細いカメラを胸やお腹に挿入して、小さな傷で手術する内視鏡手術を積極的に行っています。
乳癌検診は触診、超音波検査、レントゲン検査を行い、早期診断ができるようになっています。

スタッフ構成
外科医 1名

トピックス
乳癌のお話
鏡視下手術について
前立腺の病気